2017年3月24日 - 4月4日 今年最後のチャッタークリークでガイディング

今年もありがとうチャッタークリーク
1週間の休みを経て、またまたチャッターに戻ってまいりました。これが今シーズン最後のシフト。結局今年は6週間分チャッターで働いたことになりましたね。フルタイムのガイドが12週ほどなので、ちょうど半分。ワタクシ的には自分の日本ツアーや、12月のバックカントリーロッジツアーがあったので、6週間も働けたら御の字でしょう。

コンディションはと言うと、流石にこの時期になると標高の低い場所(1700m以下)や南斜面はクラストが入るので、降った直後でないと厳しかったりします。ただ、この時期でも結構まだ降りますし、天候が安定すれば標高を上げたアルパインエリアを滑ることも増えるので、全然コンディション的にはオッケーでした。

期間中は、毎年恒例のピークパフォーマンス・チームの貸し切りキャットツアーも案内させて頂きました。今年のメンバーは去年までと大幅に変わりましたが、新しいライダーさんやお客さんと知り合うことができ、たくさんの良い出会いがありました。また、長年の友人、トロコツアーズの稲毛田氏も参戦し、10年ぶりぐらいに一緒に滑りました。しかもチャッターで! 

ということで最終週も素晴らしい2週間でした。ありがとうございましたー。

朝焼けを見ながら出勤
朝の混雑。ここから3台のキャットがフィールドに繰り出します
ある晩のワイン
ある晩の夕食。
ポーク
私の夕食は右のBrussels Sprouts(芽キャベツ)の盛り合わせ。
その名前がついたコースに案内したところガッツリクラストで、がりっがり。
お客さんがキッチンに頼んで、罰として私の夕食がステーキから変更になりました。
おちゃめなのが北米人の特徴
おみやげにオサレなDoucheBagを頂いちゃいました!
ちなみに英語のスラングでDouchebagは愚か者って意味。
それをもじったカバン会社なのです。
ツナのステーキ
これも美味しかった
ピークパフォーマンスチーム
今年もいらっしゃいませー
ラム肉のステーキ
臭みゼロです
日本人だけでキャット1台貸し切りって素晴らしいです
ドローンを持参
完全に未来です
ライダーのアレン
レゲエ歌手でもあるマルチライダー
夜はジャムセッション
トロコの稲毛田氏とここで一緒に滑れる日が来るとは
雪崩の多い週でもありましたね
春まで素晴らしい雪の2017年シーズンでした
このフェースはまだ誰も滑っていませんっていうか滑れません
オイスターボール
真ん中の点はキャットです。このボウル全部滑ります
別のキャットとのすれ違い

コメント