2017年3月3日-17 チャッタークリークでのガイディング


1週間の休み中は、家族とスキーに行ったり、デスクワークをしたりして体を休めたあと、3月3日から2週間またチャッタークリークでガイディングをしてきました。

この期間には、1月に一緒に日本に行った面々とまた合流して一緒に滑ったりもしました。なんとその人達のグループの数人は、私が別のグループとして今年日本でガイドした人たちの元同僚ということが判明! カナダでキャットスキーに来る比較的裕福な人達は、オイル&ガス産業の人が多いので、結構知り合いが多いようです。世界は狭いです。

この2週間も比較的雪はよく、雪の多い16-17シーズンらしいコンディションでした。雪が多くて、弱層がないと考えることがかなーり減るので、ガイドとしても楽です。肉体的にはもちろん疲れるのですが、通常一番疲れるのが頭ですので。

こんなシーズンが来年も続くといいですねー。でもチャレンジングなコンディションのほうがガイドのスキルとしては格段にあがりますね。

2週間働いたあとは、また1週間休み。その後最後のシフトにまたチャッターに来ます。

シーフードなディナー、真ん中はサーモンですね
キッチンの様子
50人分ぐらいを一気に作っちゃいます
Lake Levelと言われるエリア
小さいのがキャットです
きれいなパウダー
スプレー上げています

青空のもと
アルバータビーフ
この日のステーキ、どこのレストランより美味しかった~
親と一緒に来た娘さん
こんな親、羨ましい
同行フォトグラファーも一緒に楽しんでいます
お客さんと一緒のディナーだと、普段は飲めないワインを飲めちゃいます
チャッターのワインは多くがカナダ産をチョイス。これはBC州の。
毎日のメニューは黒板に掲示されます
この日はラム肉だったようです
これがラム肉!
このグループとは毎年恒例のグラディエーション・グループショット
サンピラーがきれい
コンディション今年は良かったですねー
斜度がゆるくて有名なMCOですが、
ここから見ると急に見えますねwww
このワインもBC州オカナガン
美味しかったなー、でも自分では買えない
外人はスピーチが好きです。
この時はどんだけチャッターがスペシャル場所かをリピーターの人が熱弁していました
スタッフアコモ内にある、おなじみ北海道のTengu Snow Cat部屋
キャットと黄昏

コメント